無職が非課税証明書を取りに行ってきた

SPONSOR LINK

先日ある手続きが必要になり

必要書類を受け取るために

市役所に行くことになりました。

それは

「市民税・所得税 非課税証明書」

課税証明書」は取りに行く人はたまにいると思います。

「課税証明書」は所得があるという証明にもなります。

お金を借りる時や様々な手続きをする時などなどお金が必要だったりする時に

自分は収入は確実にあります!でもこういう理由でもっとお金が必要になりました。

という己を説明するツールの一つでもあります。

 

でも私は現在無職です。

無職なので所得がありません。

過去にバイトをしていて所得税を雀の涙ほど源泉徴収されたことはあるのですが

課税証明書って必要がありませんでした。

 

でも今回、恥ずかしながら「私は所得がありません。」という事を宣言しなければいけなくなりました。

つまり「課税証明書」が所得があることの証明であるならば

裏返せば「非課税証明書」は所得がない証明にもなります。

ということで「非課税証明書」が必要になり役所へ行ってまいりました。

 

セクション1「非課税証明書ください」

本当の本当に最初の段階です。

普通に市民課の窓口の前で書類を書き

提出

もらう!支払う!

終わり!

と思っていましたが

職員「税申告がされてないので発行できません

と言われ

「税申告ですか・・・」

そのまま別の市民税課に行くよう言われました。

 

セクション2「所得ありません」

そのまま別の市民税課に行くよう言われました。

そして窓口で「非課税証明書が欲しいので手続きをしたいです」

と言ったら

市民税・所得税申告書

というものに記入してという事だったので

説明を受けながら記入しました。

そして言われたように申告書類に記入。

身分証明書も提示。

すぐに終わりました。

そしてその後は「非課税証明書」を出すからと言うことで

数分待って無事「非課税証明書」を受け取ることができました。

※その後参考に他の自治体の申告書類を見たら記入するべき場所がもっと多かった。

正直無職ということをしっかり市役所で申告するというのは最初ハードルはありましたが、

本当に簡単に手続きと受け取りができました。

良かった良かった。

とりあえず無職を終わらすために

無職ということを意識するために

数年やっていた無職の負のものを

片付けていきたいところです。

11月残りあと8日。

どんどん前に進んでいこう。

 

なぜ非課税証明・税申告が必要になったかというお話は以下の記事に書きました。

税申告をすることによって「国民年金保険料免除の申請」をスムーズに行うことを目的に手続きを行いました。

 

SPONSOR LINK
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。